ちょい鬱気味な会社員れっちょが送るオタク日記ブログです。
主なテーマは管理人の独断と偏見による漫画・アニメ・ゲーム、そして私生活への愚痴。
現在、東北・関東のイベントに参戦中の、弱小サークル運営中。。。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>


TWEET
RECOMMEND
琅琊榜(ろうやぼう)ネタバレ感想 第04話
category: 中ドラ・韓ドラ | author: れっちょ

※腐女子の戯言がたまに交じりますが申し訳ございませんm(_ _)m

 

4話のストーリーは、百里奇の強さにアワアワする王宮〜群主に迫る危機を知る梅長蘇、まで。

 

ええと、百里奇vs景睿の席で、各国の使が盛り上がっているところ、ちっとも聞かない梅長蘇笑うw

しかも群主と何やら話している様子…わざらしすぎるその様子に、王様も気になっちゃいますよね。

皇帝「何話してたんだ」

群主「せんせーは、力任せの百里奇なんか数人の子供でも倒せるってさ」

めっちゃ喧嘩売った!!

更に、言う言葉が全部喧嘩売りすぎててマジすげぇわwせんせー度胸ありすぎだろうw

うまく怒らせて子供、しかもひ弱な子供3人と百里奇を戦わせることになりますw

しかし、これも梅長蘇の作戦。

あの、靖王が目をかけていた庭生…彼に恩赦の機会を与えるために、あえて場を作ったんですよね。

さすがだわ…

そして、蒙大統領も、作戦を知っているのか知らないのか、ちゃーんと庭生を選んでくるあたり…

いいねぇ、ワクワクしてきました。

さて、5日目が楽しみです。

 

場所は変わって後宮。

靖王のお母様と、恵妃との会話。

靖王のお母様めっちゃ素敵だわ〜。応援したい。奥ゆかしくて芯がある感じ。

恵妃は、皇后に虐められているとのことですが、まぁこの人も位は低くとも同じように王様の御手付きなのかな?

と、そんなところに、悪そうな奴が…。この時点ではわからないけど後宮の誰かの手の者でしょうね。

悪だくみなんて皇后か越貴妃くらいしかしなそうですけど。

そこで、2人が聞いたのは、とあるお酒を入手している様子。

なんと、超強力媚薬ですってよ奥様!!

身体が火照って酔っぱらって前後不覚に陥るらしいお酒ですね。

長公主が皇太后に呑まされた…そして、前後不覚に陥ったところを、今の旦那、謝玉が介抱と称してキセイジジツをつくっちゃったわけだなコノヤロー!!

本当にあいつ悪い奴だな!!!!

それを聞いた静嬪、保身が大事、といいつつ、なんとかして長公主に伝えるべく頑張ります。

初めて見た時、全然わからなかったなぁ。

夜遅くまで頑張って作った香り袋は、太皇太后に渡す名目で、長公主に手紙を忍ばせる策だったとは…!

身分が低く、目を付けられないよう、あくまで自然に見せようと慎重な静嬪、なんて素敵なの!好きだ!!!

 

さて、梅長蘇…というか飛流が指導している子供3人を見に来た群主様。

特殊な陣形ではあっても、やはり勝算はないように思える…しかし梅長蘇は余裕の表情。

「妙案でもあるの?」と聞く群主に、やはり梅長蘇はニヤニヤするばかり。

彼のによによは、あからさまでなく、しかし揺らがない自信のようなものがあってなんとも見がいがありますよね〜〜。

視聴者も顔をガン見しちゃいますわこれw

 

さて、ついに香り袋を渡す日が。

太皇太后には、いつも皇后と越貴妃、そして孫の長公主がついてますけど、

これは運がいいだけなのか、それとも必ず付き添ってるのか気になるw

とにかく静嬪は見事太皇太后と拝謁を果たし、しかも一番渡したい長公主にもうまーく言って渡します。

渡し方が、なんとも…しっかり手を握って、丁重に渡して…長公主も何か気づいちゃいますね。

しかし、太皇太后w

ボケてるから、ほんと謀反人として処理された人の話まで思い出しちゃうから困りものですね。

周囲もどう反応したらいいかわからないよね…(;^_^A

宸妃…謀反とされた祁王のお母様は、林楽瑶…林家の人なんですね。

それじゃ、林殊だって祁王側に決まってますよね。だから一緒に謀反人扱いされるとは…悲しい…。

 

そんなわけで、長公主、お手紙を読んで静嬪のところへやってきます。

ここのやり取り、めっちゃ好きなんですよね…何度も見ちゃった。

静嬪が、自分では何も出来ないけれど、なんとか誰かに伝えて、どうにかしたいって気持ちが伝わってくる…

女を落とす酒…といえば、今の劇中の流れでは群主に使う以外あり得ません!!

首謀者が皇太子側の越貴妃か、誉王側の皇后かはわかりませんが、とにかく群主を嫁にして彼女の勢力を利用したい奴の仕業に間違いないですねーっ。

長公主、なんとかこの陰謀を止めてくれ><

 

ところで、再び梅長蘇さんというか子供たち。

頑張ってるところに、靖王がやって参ります!!靖王さま自ら梅長蘇を訪ねてくるとはびっくりだよ!!

しかし…

やばい。

 

・梅長蘇と靖王のやり取り

・梅長蘇と靖王のやり取り

・梅長蘇と靖王のやり取り

 

あかん。これはあかんわ。

私を琅琊榜沼にドーンと落としたこのシーンやばいっすよ!!

靖王との会話だというのに、なんで梅長蘇はそんなに態度がでかいんだよwww

過去は、幼馴染として育った2人…

蒙大統領はひと目で気づいたのに、靖王〜〜気づいてやれよw

でも、梅長蘇は靖王が自ら来てくれて嬉しくてたまらないって顔が隠せてなくて笑うwww

靖王は、彼が梅長蘇だと聞き、しかも皇太子や誉王とパイプがあると思っている様子。

しかし、梅長蘇は言います。「ただ自分の幕僚にしたいだけですよ」と。

ん〜靖王、根は真面目で曲がったことが嫌い、そういうところがかっこいいんですよね!!声もいいし顔もいい!

私も推すよ!!靖王推しますよ!!!

策士として梅長蘇は、果たして誰を主に選ぶのか??

 

靖王「では先生は、皇太子と誉王どちらを選ぶ?」

蘇哲「あなたを選ぶ」ドーン

 

やばい!!!

あのあたりのやり取り萌え死にそう!!

靖王さまの思ってもみなかった、ってびっくりする顔やばいしそれを真っ直ぐに見据える梅長蘇やばない!?

靖王的にはさぁ〜こいつなんでよりによって俺なのって思っちゃうよね!!そりゃね!!

しかし理由は濁す梅長蘇さん。きっとバラしちゃったら面白くないとでも思ってんだろうなぁ〜〜〜

蘇哲せんせ回りの関係が萌え死にそうってかハゲそう。54話まで持つのか…。

 

所変わって長公主!!

こういう時に限って群主はぁ〜!!せっかく長公主が会いに来たというのにいないんですもん…困ったちゃんですね。

しかし、その行動が、謝玉に怪しまれてしまいます!!!

長公主は、夜に紛れて密かに梅長蘇に会いに行くなどという危険を冒しているのに!!

バレたらやべぇよ><

しかし、梅長蘇は梅長蘇で、蒙兄と密会中でしたヒャーwww

蒙兄に向って靖王を立てることを表明してました。

王となるためには、やはりきれいごとだけではダメですよね。

しかし、曲がったことが嫌いで、謀が嫌いなあの性格だからこそ、梅長蘇は好きなんですもんね。

そんな彼の代わりに、自分が泥を被って汚いこともすべて背負う、と決意する梅長蘇めーーっちゃかっこいいぜ!!

そして、なんとか長公主は梅長蘇に群主を陥れる策略を伝えますが…

ほんと、皇后か越貴妃か…

ま、私の目では越貴妃が一番性格クズそうで寵愛も受けてて驕ってそうだし、きっと彼女じゃないかなって思いますけどね。

群主〜〜〜>< 頑張れ!

また次の5話でお会いしましょう!!まーたいいところで終わっちゃって〜www

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
琅琊榜(ろうやぼう)ネタバレ感想 第03話
category: 中ドラ・韓ドラ | author: れっちょ

※腐女子の戯言がたまに交じりますが申し訳ございませんm(_ _)m

 

第3話は、靖王キタ――(゚∀゚)――!!〜

 

廊下を掃除している奴婢?の子供を官吏が怒っている場面に出くわす群主と梅長蘇。

しかし、そこに、はい来ました!!来ましたよ、靖王さま!!一番軽んじられてる七皇子で帝位争いにも参加できない可哀想な人。

いくらその子供目をかけていても、確かに官吏の言う通り靖王の力では守れないこともありますけど…

しかし梅長蘇、書物を盗む=読み書きを学びたい、とは志の高い子供ですもんね。自ら声を掛けて読み書きを教えようとさえします。

というかこの子…庭生君、靖王が気にかけているだけあって、何か生まれは良い子供なのでしょうね。

群主と靖王は、共に祁王側の人間ですし、どこか通じるものがある様子。

 

しかし全く、皇太子と誉王待たせて何やってんですかねwww

靖王、梅長蘇に何者だ、と問いますが…(おーい気づけよ〜気づかないかな〜そうだよねぇ顔違うもんね><)

でも、そりゃ群主と一緒に歩くくらいの人間が、ただの一般人なはずないですよね〜(;^ω^)

 

庭生の秘密を語りにくい靖王と、察してしまって助けようと豪語しちゃう梅長蘇。

そりゃ靖王も群主もびっくりですよwww

しかし、上手く良いくるめて、引き取って見せますとか言っちゃう梅長蘇。彼はさ〜超目上相手のくせにどこか超然とモノを語りますよね!!

いくら、幼い頃に慣れているからとはいえ、自分だって隠してるつもりなんだからもっと態度変えとくべきじゃない?w

ほんとめっちゃ態度でかくて笑うwww

 

で、その様子が群主の弟君に知られちゃいます。弟の雲南王は、オバカだけどめっちゃ姉想いで好きですよ!

そりゃ、わけわからん馬の骨の化けの皮はがしたくなりますよねwでも襲っちゃだめだよw

なんでいきなり腕試しから入るんじゃwwwもうちょっとやり方あるよねw案の定、飛流に苛められちゃいますがw

しかし、あんまり要らないけど助っ人キタ――(゚∀゚)――!!

蒙大統領!!彼は強くてかっこいいですね〜!

「私が出口までお送りする」

わ〜!こっちだって探り入れるつもりだろー!!怖い怖い!!

・・・と思ったら!!

OH!!近い、近い、近いよ!!そんな顔ガン見しないで!!

やばいよ!!見極めてるよ!!

ここくっそ萌えた!!

やべー!!

蒙大統領すごすぎる!!!!!

あの時、一目で察してたらしいよ!!梅長蘇の正体を!!!!!

しかも、なんと!?梅長蘇の林殊時代のお友達だったそうではないですかーーー!!

しかし、お互い立場もあって、こうした機会しか言葉を交わせない…って、いやいや人絶対見られてるって。

もうちょっとちゃんと密会しなさいよ。

ここの緊迫シーンで流れる笛の音。雰囲気素晴らしい!!

しかし長すぎる。

そんなもたもたしてたらバレるよ!!バレる!!

蒙さん、梅長蘇のお顔ガン見しすぎw

しかし、よく見破ったというか、ほんとちょっと萌えるわ〜〜!!

まずは蒙大統領という、めっちゃくちゃ地位の高い人を仲間に出来てよかったよねぇ。

きっと彼は最後まで力になってくれることでしょう・・・というより、これからめちゃくちゃ親しげになってきてびっくりなんだけどw

さすがに蒙さんと知り合いってバレるのやばいから遠慮しろwww

蒙「まるで別人ではないか」

殊「だがあなたには人目で気づかれた」

(;゚∀゚)=3ハァハァ

殊「ここは場所が悪い。今夜話そう」

わ〜〜〜(;・∀・)

密会キタ――(゚∀゚)――!!

いや〜蒙大統領強いし誠実だしお茶目だしめちゃいいキャラ!!好き♡

 

しかし、群主もそりゃ気になりますよね〜!

太皇太后の前で手握られちゃいましたし小殊って呼ばれてましたしね。

でも、表向きの理由がちゃんとあってよかったです。

こっそり梅長蘇は、群主の闘いの手助けをしていたとは…!!いや〜イケメンだねいい男だね!!

そりゃ群主も気になりますわ。これじゃ婿選びで戦ってる人可哀想だなw

 

さて蒙大統領との密会www

蒙にーさん、めーっちゃ世話焼きたがりで小殊心配してていいですね〜!

振り回したくない、という言葉に「水臭いな!」って言えちゃう蒙にーさん人柄ほんといいですよね!

でもこの人偉過ぎるし有名すぎるし、やっぱあんまり密会重ねてたらバレちゃうからやめたほういいんじゃないかな〜?

しかし、本当にいいこと言うわ。

忠義は心にある、林パパや小殊のことを心から信じている、っていう強い言い方がさ〜

梅長蘇はくっそ嬉しいと思うんですよね。

そういう仲間をこそ彼は必要としているでしょうし〜〜

 

さて、話は戻って群主の婿選び武術大会。

なんか顔がお粗末なつよそーな熊がいますね。あんなの群主の旦那にしたくないねw

ましてや、群主の勢力を得ようと、皇后も王様に上申し始めてます。あ〜ムカつくわーwww正々堂々とさせろw

越貴妃は、大尉府の司馬雷推しのご様子。

ちなみに、皇后は忠粛候府の廖廷傑だそうで。わぁバトってるwww

と思ったら、陛下じゃなくて文試を見るのは、なんと江湖の者…えっ梅長蘇じゃんwww

さっそく表舞台にキタ――(゚∀゚)――!!

と思ったら、その前に問題発生wwあの熊男、実は北燕の人間で、ちょっと国との交流的に問題アリ、群主でも勝てなそう、というわけで非常に困った展開になっちゃっております!まったく武術大会で開催側が策を弄するなんて悪い奴〜

 

そんなわけで、まずは百里奇と演武をさせ、実力を見せる、もしくは痛手を負わせて本調子を出せなくする戦法いきますw

ふむ、景睿は、寧国候府の長公主の子供or天泉山荘の卓夫人の子供かどっちかなわけだ。

しかし、苗字は皇子と同じってすごいですね。どっちの苗字もつけられなかったから、自分の苗字つけちゃうとはw

そのせいで権力争いには巻き込まれなくなって、自由人やれてるわけですね。

彼は誠実な子だから、陰謀渦巻く宮中に呑まれず、共として梅長蘇を支えてあげて欲しいですね〜。

 

さて、ついに宮中、王様の前に召される梅長蘇。

音楽が〜〜〜流れてますね!!彼の信念、野望の第一歩の場所ですもんね。これからの長い戦いを思うとドキドキしてきます。

しかも、ここでなんとしても百里奇の力を削ぎたい皆。

景睿ガンバレ!!!でも絶対あの狭い場所じゃ戦いにくいと思うし、食べ物ひっくり返すと思うよ!!

この隙間で剣術は無理やろ(~_~;)

うわ〜百里奇、熊だなぁ…。景睿も頑張ってるけど、やっぱ相手は強いよね。

しかも剣まで持たせるとなるとハンディある気がするんだけど、まぁ武術大会でも素手だもんね。つえーーww

あっほら!!もーーフルーツぐちゃぐちゃ!!

皇帝「やめよ!」

って今日そこで終わりかい!!切り方ちょっと考えようよ><

続きはまた4話でお願いします(-_-;)

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
琅琊榜(ろうやぼう)ネタバレ感想 第02話
category: 中ドラ・韓ドラ | author: れっちょ

※腐女子の戯言がたまに交じりますが申し訳ございませんm(_ _)m

 

2話のストーリーは、群主の婿取り大波乱!の巻〜!

群主の婿になりたくて隣国からも続々名乗りが来ているようです。

しかし、群主強いからな〜。よほどの手練れでもないと選ばないだろうなぁ〜っていうかやっぱ顔だろ!

強さだけ強くても、ゴリラみたいな男じゃやだよ〜〜!イケメンがいいよぉ〜><

ほうほう、雲南王府は南の国境なんですね。10年も国境を守って来た…って、許嫁を失ってからというもの、

強く生きてきたんですね〜〜〜><泣ける(´;ω;`)ウゥゥ

しかし、弟もちょっとヘタレなんでねぇ…まだまだ引退できないし、っていうか勢力強すぎて陛下も安心して眠れませんねw

 

さて、ちょっと場面はわかりませんけど蒙大統領の出番〜♡

強い男っていいですねぇ!誉王と皇太子側の謝玉が一緒に見学してるのがちょっと違和感ありますけどぉw

確かに隣国から手練れがめっちゃ来て梁のメンツが負けちゃちょっと恥ずかしいw

群主は100手で敗れた?でもいい勝負だなぁ〜。(*´艸`*)

そっかぁ、誉王は例の右腕くん慶国公を失ってしまうと軍部の影響力が減るから、なんとしても群主の兵力を味方につけたいのね。

それで、誉王側の人間を群主に…( ˘ω˘ )<そんな思惑がある人間なんか選びませんよーだw

ところで梅長蘇の動向も気になる様子。

残念でした!君らが来る前に、とっくに廊州を出ていたんですね〜!

どこに雲隠れしたかと思いきや…

 

灯台下暗し!!寧国候府だよーん!

 

遊びたがり歳の飛流くん、1人で遊びに出かけますが、ほんと飛びまくりやなw

そのおかげで、寧国候府に来た蒙大統領に気づかれてしまいます!!

おっおっ( ^ω^)

強い人同士の闘いを見るのはすきだよ!!

蒙大統領ほんと強いのに、それと互角に渡り合っちゃう飛流何者なのよwww藺晨の弟子とはいえレベル高すぎだぞw

こんなレベルの護衛を持てる主が高貴じゃないわけがないねwww

しかしほんと脚癖悪いし誰にでも喧嘩売っちゃって、梅長蘇気が気じゃないねw

でもめっちゃ全面的に信頼して可愛がってるとこ、萌えます〜。

しかし、蒙大統領みたいに発言力のたかーい人に早いとこ目つけられちゃって大丈夫なんでしょうかねw

しかも、謝玉にまですごい不審に思われて警戒されちゃ困るなwこれはあんまり長居できそうにないねw

蒙将軍は、琅琊達人榜の2位なのか。じゃあ1位は誰だろw

 

ところで、蘇哲が梅長蘇だと聞いてしまった謝弼くん。

そっこーで誉王に報告にいくとこ、さすがw(はえーよ!!)全然隠れてられないね!まぁ主人公だもんね!

若干顔あげて考え事してるところ、あれ多分(・・・謝弼聞いたから言うだろうな・・・)

って、当然ですが謝玉もとーーせん皇太子に言ってますよねーーーwww

しかし誉王、皇后にいきなり合わさせるとは…(と思ったけど、おかーさんだから誉王のためならやるわな)

そして皇太子側はほんとやることなすことクソ。

梅長蘇が都入りしてるけど、誉王につくぐらいなら殺せや〜ってもう言っちゃうとこクソだわ〜

だが残念、そう簡単に死んではくれないんだよねーっw

 

場面は変わって、例の密命を受けた夏冬が出立するのを見送る群主。

そこへ、靖王がやってきます。七皇子だそうで。権力争いに入れず、戦地を転々とさせられた靖王さまです。

靖王かっこいいじゃないですか。生真面目〜な顔しとるw

ふむ。

ええと、赤焔事案、というのが、10年前の謀反の話なのね。

で、少なくとも公になっているのが、林パパが夏冬の旦那を殺し、祁王と共に謀反を起こしたと。

でも、靖王は、林パパが旦那を殺したことも信じない。

群主は、林パパの息子…林殊が許嫁だったのね。でも群主だって彼を信じたい…辛いとこだね><

梅長蘇、頑張って無念を晴らしてくれ〜〜〜!!

それにしても、靖王は可哀想…

皇帝には全然目もかけられてないし、どうでも良さそうだし、

今日だって何時間も待たされて…><不憫!

不憫な人は救われてほしいので、彼も諦めず王位目指して欲しいよねぇ。

皇太子はクソだし、誉王もまぁまともだけど作為ばかりな人間ぽいから、やっぱ上に立つ人間は正統で全うな性格の人がいいよね。

おっ、靖王のおかーさん、静嬪は素敵な人じゃないですかー!権力なさそうだけどすごく人の良さそうな性格してる。

ドキドキ。

 

で、来ちゃったよ…寧国候府に皇后ニャンニャンが。

いきなり皇后来たって普通の凡人なら会えるかよwwwそこで景睿、お前性格最高にまともだな!

劇中一番まともなんじゃないか?

きちんと皇后が誉王側に招き入れる可能性も理解し、それを避けさせようとするとは…

しかし、悲しいことに、君の父親は中立どころか、がっつり皇太子側なんだな…弟は誉王側だし…今後悩むときがくるな。

梅長蘇も、誠実で父を信じている景睿の言葉に、「あ〜可哀想な奴だなぁ〜」って思ってますね〜(;^_^A

待たされた皇后もお怒りだよねぇ…でも密会だろうしギャーギャー騒げないだろうし

ってかそもそも、長公主がわざわざ吹聴するわけないし、ねぇ〜目的が見え見えすぎだぞwww

 

さて、ついに婿取り武術大会始まった〜!!

群主の弟が態度でっかくして見てますけど、結構可愛いのよねwww

そして皇太子&誉王、ソワソワして待ってるのは、武術大会じゃなくて梅長蘇っていうwww

わろたwww

2人してソワッソワしてるの可愛いじゃないw

そしてまさかの2人で梅長蘇に会いにくるとか、どんだけwww

さて、そこで2人して印象操作が始まりますwww

話しやすいところから話題を振り、景観がいいところが見たければ令牌あげるよ、って言って恩を売る作戦の皇太子。

書物の話を振って興味を引こうとする誉王。

自分の誉王府に来てもらおうと、直筆の書の話題をすると、皇太子が口を挟み、「たかが書物なのだ、差し上げればいいのに」

たかがwwwお前ほんと性格クソだよなwwwはい皇太子評価どん底ーwww

それほど惜しいなら値はいくらだ、買って差し上げよう、とかほんとクズすぎるwww

そしてそれを指摘する誉王wお前らほんと面白いよw

と、そんな不毛な話をしているところ、

グッジョブ太皇太后さま!!!てか皇太后は無くなっていてひいおばーちゃんだけ生きてるとかすごいな〜

でもかなりボケ入ってる様子w

太皇太后の傍にいるのは…皇后、越貴妃、群主、長公主か。他はわかるけど、群主って家系的にどんくらい近いんだろ…。

そこまで身近な立場とは思えないけど。でも可愛がってもらってたんだろうね。

しかし、誉王とか皇太子に会いたいのかと思いきや、呼ばれたのがまさかの景睿、豫津、梅長蘇?なんの組み合わせだ(;^_^A

景睿は王家の血族だし、豫津は言候府だから皇后の実家だし?でも蘇先生www

しかし、実は蘇先生、祁王側の人間だったし、面識あるのかもしれん…

と思ったら。

ありゃー!まさかのwww

群主は一目見てアレッてwww(*´艸`*)ウフフ

飛流の敬礼の出来なさ笑うwww

太皇太后www全部妻帯したのって聞くのわろすwww

そして!メインイベントじゃない!!

ばいちょうそー!!まさかのwwwおっとぉばーちゃんさすが!鋭いぞ!!

いきなり小殊!!そう、そうですとも!!やっちゃったねー!

ばーちゃんバラしちゃダメじゃんwwwほんと年寄りは古い記憶しかないからなぁw

しかし、顔も違うのに、空気でわかってしまうさすが!!

しかも!!まさかの!!

群主まで呼ぶとか!!おい!!やりすぎでしょ!( ^ω^)おっ( ^ω^)おっ

しかもついに梅長蘇www

本音が出た!本音が出ちゃったね手に!!

なに握っちゃうんだよwww群主も後々問い詰めればいいだろうに何故しないw

バレバレですよwww林殊さんwww

あっ

群主さん、呼び止めますwww

しかし、梅長蘇はな〜…そりゃ言えないしね〜…

婿選びの最中なのに男と散歩とはw

群主に問われる、蘇先生。『皇太子と誉王、どちらを選ぶ?』

応えない梅長蘇。『お前関わんないはずじゃなかったの?』えーw質問で返すなよwww

と、ある意味危機的状況だった梅長蘇、騒ぎに助けられますw

奴隷の子供の1人が怒られてる場面に。

しかしこの子、実はただじゃ起きない子でした。

って、ここで2話終わり!?

 

ちょっと終わり方がひどいんじゃない!?

早く3話が見たい!!

 

また3話へ続きます♪

 

 

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
琅琊榜(ろうやぼう)ネタバレ感想 第01話
category: 中ドラ・韓ドラ | author: れっちょ

※腐女子の戯言がたまに交じりますm(_ _)m

※ネタバレ感想なのでご注意ください。むしろあらすじがっつり(;^_^A

 

始まりました琅琊榜!最初はよくわかんないですけど見るしかない〜

 

あらすじとしては、どうやら第一皇子祁王の陣営だった主人公が無実の罪(謀反の罪)を着せられて

祁王以下祁王陣営は皆殺し、その中で主人公が唯一生き延びて、怪我と病のために容貌が変わり、病弱で短命となりながらも

己の濡れ衣、そして祁王の無念を晴らすために頑張るお話ですね。

 

というわけで、過去、自分が命からがら逃げ延びた戦場の夢を見て目覚める主人公…髪ぼっさ〜(;^ω^)

鳩が飛んでます。どうやら伝書鳩のご様子。

琅琊閣は、どうやら各地の情報を集め、実力者のランキング作ってたりその情報から助言を与えたりして生業を立ててる情報屋の規模でかい版って感じですかね。

どの時代も、情報を制する者は世を制すって感じですもんね。

ここは国のどの勢力にも一目置かれているご様子。

その閣主、藺晨。藺晨美人()だなぁ。イケメン多そうで楽しみですよ〜!

この人主人公かと思ったら、主人公のお友達らしい。しかも医者で権力あって最高やなぁ。

でも、主人公も主人公でもっとすごい権力者だった♡←権力大好きオタク

 

場面代わって梁国境。

ええと、北燕と梁は隣国で、どうやら北燕に梁の使者が、六皇子が皇太子になりましたよっていう話を伝えて来て

帰ってきたところかな?そこには、まさかの五皇子…誉王が。

おっとぉ弟に皇太子の座を取られたんですね〜。とかいいつつ、そうなると1〜4は何してんだって話ですが。

一皇子祁王は謀反の罪で殺されてますし

二〜四皇子はどうやら病弱で出てこない様子?

五皇子誉王は、皇后の息子らしい。皇后の息子なのに皇太子になれないってすっげー皇后いらいらしてそう(;^ω^)

そして六皇子が皇太子と。その母親越貴妃はよっぽど王様に寵愛されてるんですね〜

どうやら七も八も九までいるらしいが今は省略。

世の中は、誉王か皇太子が天下を取るのかでもめててきっと陣営が分かれているんでしょうねぇ。

権力の集まるところは悪意も集まる(´Д`)ハァ…

 

さて、また場面代わって、今度は梁の首都?かな。王様います。

誉王は江左の巡視をしていた様子。

江左…江左盟は、またまたどこの国に属するんだかわからない侠客とか強い人がいっぱいいる自治組織みたいな?

派遣でもして金稼いでんのかね?

うわぁ。皇后と越貴妃が息子自慢してるよ〜こえぇ〜(;^ω^)王様の前でバチバチすんなw

 

また代わって皇太子陣営。

あれっ?!「私が皇太子になって6年…」ってどんだけ前なのよ!

さっきの琅琊閣の話はいつの話だよっ!!今だったらどんだけ情報入るのおせーんだwよくわからんな!

王珠を2つ下賤され、七珠親王になった誉王は脅威のご様子。

てか皇太子の顔がバカそう()

ん?誉王の下に遣わした使者って誰・・・?

 

誉王側。

さっきの北燕に行ってた使者との会話。

北燕の六皇子が後ろ盾もなかったのに皇太子になったって話…

あれ、あーそういうこと?六皇子って言うからごっちゃごっちゃしてたわ。

さっき藺晨が言ってたのは、北燕の六皇子が皇太子になったって話かよーーー。それなら納得。

で、その裏話を誉王が知るってわけだ。

『琅琊閣で錦袋を得た』つまり琅琊閣に行けば、天下を取る為の足がかりがつかめるかも…そんなわけで

誉王も琅琊閣へ足を運びます。

その錦袋には、『麒麟の才子を得る者、天下を得る』と書かれていたわけですが…

(ということは、主人公たる麒麟の才子は、北燕の皇太子も味方につけてるってことですよね…ひえっ権力者〜〜ww)

って、そこへ刺客キタ――(゚∀゚)――!!

これだな!!バカ皇太子が送り込んだ奴は!!

アホやな〜〜!!暗殺とかバカだな〜〜wwこれじゃ〜皇太子の座も危ういぜww

 

ええと、あと全然わかんない卓家の人。これからわかるかなぁ。

卓鼎風とその息子卓青遥?天泉山荘の荘主?ふーん。

誉王の動向を探っている様子。ってことは皇太子側なのかな?ってことは皇太子にも誉王が琅琊閣に向かったことがわかるってことね〜

 

あ、ところでちょっとどう見てればいいかわかんない岩の上でやってる藺晨の剣技。

1人で面白いんですけど、ええと強いのねって思えばいいのかなw飛んでるわw仙人だなこりゃw

で、彼は誉王にも皇太子にも、同じ答えを出すらしい。例の『麒麟の才子を得る者、天下を得る』

うっひょー。めっちゃ強気だと思うんだよね、主人公はさw

病弱だけどくっそ自信家だと思うしどんだけ頭いいんだろうなぁかっこいいよ!!

藺晨は某お友達とデキてますから(笑)天下に風雲巻き起こすためにあえて取り合いさせちゃいます。

早く主人公出して!!

髪ぼっさぼっさしか出してないじゃん!!www

江湖とはさっきの江左とか江左盟のこと。はよ主人公出せ〜〜!!

 

で、この辺よくわかんないんだよな〜。

よくよく見直してわかったけど、誉王側と皇太子側が同じことしてるからわけわからん。

誉王は自ら錦袋ゲットして、

その後、皇太子側が送り込んだ(やっぱこっち側だった!)卓ちゃんたちが錦袋ゲット。

二人して内容は『麒麟の才子ってのは江左の梅郎』だよ〜んって書いてある。

主人公キタ――(゚∀゚)――!!(来てない)

誰そいつ?って顔の誉王に、誉王側の策士、般弱さんは言います。

琅琊榜のランキング、「才子榜」の首位をゲットせよというお告げだと。ってか般弱さん可哀想!自分も策士なのに(;^_^A

江左の梅郎…彼は江左盟の盟主、その名も梅長蘇!!

 

梅長蘇!

梅長蘇様!

梅長蘇さま〜♡

 

ってかこういう流れで主人公に持っていくの、上手い展開だなぁ。

その梅長蘇の正体こそが、実は1話冒頭の林家の息子で、虎視眈々と復讐を狙ってるんですね。

てか、当時は戦場に出ていた彼が、才子榜に乗るなんて、めっちゃ勉強したし頑張ったんだろうな。12年前だっけ?

当時18くらい?今30?ほぉ〜良い御歳ですね♪(年齢は適当なんで間違ってたらごめんなさい)

皇太子は「傘下に置けば俺は安泰」

誉王は「傘下に置けるならば三顧の礼を以て出迎える」

この反応ですよね!!

誉王のほうが人間的に上ですね!!!残念!!

梅長蘇はどっちに着くのかな?(二択なら断然誉王なんだけどな〜(;^_^A)

 

(で、ここでついでに慶国公の話が。こいつ全然まだわかんないんだよね。誉王の右腕?なのね。こいつの悪事をバラして貶めるために卓家がまた暗躍してるってことかな。一応φ(`д´)メモメモ...)

 

さて、そしてついに…ついに来ました!!主人公!

全然よくわかんないけど、江左に亡命でもしたのか逃げてきたボロさん達と、それを追う官吏かな?

江左は治外法権らしいね。戦力を以て侵入してきた者は許さない感じかな。

かなり偉い人ビビってるもんな〜。

あ〜横笛吹いてるイケメンが居る…。

笛の音に乗せて現れるイケメン、雰囲気最高だなぁ。

しかし、あんな撃てば壊れるようなちゃちい船に立ったまま笛吹いちゃうとこ現実離れしてんねwww

護衛くんの脚力もやばいっすwどこまで飛んでるんだwさすが飛流くん♪どこでそんな強くなったの?www

梅長蘇ーーー!!うーーーんかっこいいね!!!!

しかし、溺れたオッサン可哀想…そういう意味では冷酷なところもある…

嫌いじゃないけど、こっそり助けてやってたらもっといいんだけど(;^_^A そっこーで殺すのちょっとね(;^_^A

ボロさんのあの逃げてきた下僕は、その後梅長蘇の下僕になるのかな?

 

さて、王様サイド。

あ、江左エリアって16州もあるんかい。その中の江左盟は勢力が強いってことか。

一応梁の国の一部なの?別物?よくわかんないけど少しずつ見えてきたな。

で?廊州?そこに江左盟にあるってことか。(やっぱよくわかんねーw)

しかし、梅長蘇は奴らがやってくるのは当然知っています。

偉い皇子たちの招きを断れるはずもない…というわけで、一足先に逃げちゃいますw

ってなわけで、別れの挨拶に来ちゃったよー藺晨ー!

藺晨と梅長蘇はどうやって知り合ってどうやって仲良くなってったのか気になる〜!けど、当分オアズケなのかなぁ。

梅長蘇は都に行っちゃうからなぁ。寂しいね!

 

さて、また新キャラ。主人公の友人枠の心根の綺麗で素直な2人なので可愛いですね。

なになに…言候府の跡取り、豫津くん。あと寧国候府の跡取り…じゃないのよね、長子だけど。複雑な生い立ちの景睿くん。

最初見た時兄弟かと思ったら違ってた(;^_^A よくよく見たら家違うわwww

ここよくわかんないけど、大喩?って国の王族の人がきたの??

うん?また梅長蘇目当て?この人怖いよーwどんだけ権力繋がりあるのwww

 

さて、梅長蘇と藺晨。

このドラマ、こういうマンツーマンの会話がめっちゃドキドキして見れるので素敵。

特に男たちのドラマ最高ですよ。

藺晨は医者だから、梅長蘇の身体がどれほど弱ってるかわかってて、危険な事はして欲しくない。

でも、梅長蘇の強い志には、もう何も言えなくなっちゃうんですよね。そういう視線の交わし合いが〜既に萌える〜!

引き止められないのを分かっているからこそ、藺晨印の特効薬まであげちゃうとこ、好きですよ。

どっかの隊長と議長を思い出しますね。

 

こうして、梅長蘇は飛流を連れ、ついに梁の都へ!!!!!

寧国候府とか、くっそ悪意の詰まってる場所なのにね〜(;^_^A 籠に乗りながら、都を懐かしむ梅長蘇。

そこへやってくるのは、武に秀でた群主さま〜!美人だし甲冑姿にあうし、かっこいい女性だね!

中国ドラマ、華美な女性はいっぱい出てくるけど、なかなか強い女性キャラは少ないのでこのドラマは当たりだよ!(意味不)

雲南王府の群主様は、弟さんが雲南王で、成人するまでは王様やってたんだけど、

そろそろ弟に任せて嫁入りしたら?って年。でも弟がまだまだバカなんだよな〜いい子なんだけどね。おねーちゃん思いで。

そんな美人な群主を、こっそり盗み見る梅長蘇。

すんごいガン見してる。この2人はなにか関係があるのかな?(あります)

こういうシーンいいね。

梅長蘇の表情と、音楽だけで心を表す演出がとても素敵。

いよいよ寧国候府。

パパの謝玉?はついさっき皇太子側についていた悪そーな奴。

景睿の弟の謝弼は、実は誉王側の人。あれぇ?(;^_^A わーあっさり梅長蘇バレちゃいますよwww

蘇哲とか名前かえてもバレバレやんw

1回目見たら謝弼と豫津まったく区別つかなかった!同じ緑着てるんだもん分かんねーよ!!

 

あ、ここでパパ登場。あとこの顔は…卓さん?

もうわけわからんけど、とにかく慶国公?を貶めるために何やらやってるって話ですね。つまりは誉王を落とすためですね。

で、景睿の連れてきた客人―――蘇哲を紹介されますが。

あ〜…やばい。やばいね。梅長蘇にとっては、この男は敵みたいなもんですよね。

表情に出まくってるんですけどwwwってか顔と口元!!歪ませちゃダメでしょバレるよwwwww

謝玉もその眼力というか気迫に呑まれますが、さすがにあの本人とは思わないよねーっ。でもドキドキしてますよきっと。

 

梁首都に群主が来たのは、王様に呼ばれた様子。

どうやら、群主の婿選びの武術大会が開かれるとのこと。1話から展開早いw

群主強いからな。ひ弱な男じゃ嫌でしょうw

でも、何やら群主はあまり乗り気じゃない様子。

夏冬は王様から例の慶国公のことを調べるらしいですが、それより群主と仲がよろしいようで。

話によると、群主は…昔誓った相手がいる様子。許嫁がいるんですね〜。でも、その相手は林氏…

ん?林氏?

それって…

 

梅長蘇…

梅長蘇( ゚∀゚)o彡゚

梅長蘇!°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

じゃないですかー!すぐに判明しましたね!!梅長蘇は群主を見て一目で気づいたんですね!

昔は共に子供時代を過ごした相手…>< でも今は、彼は淡い恋などより、己の短い命を燃やし尽くして信念を貫くのが一番大切なのです!

そう、そんなところが好き!群主も恋に溺れない強さと剛さを持っていますし、最後まで共に戦ってくれるはず!

うーん、かっこいいぞ!梅長蘇周辺の人間関係めっちゃ萌える!!

夏冬もいいお友達なんだけど、謀反人の林氏に夫を殺された、と恨んでるから、いずれそこも「違うんだよ〜〜><」って言ってやりたい!

夏冬も強そうなんで楽しみ♪

 

さて、1話はここまで。

結構しっかり見直したら、いろいろ世界観が分かる内容でしたね。

ただ、1回見ただけじゃまだまだわかんないので、是非これから2、3話とみて頂きたい!!

2話からどんどん面白くなっていきますよ〜〜〜きっとw

 

今後が楽しみ!また更新しまーす。ただここまで厚い内容は1話だけかも(;^_^A 超疲れたw

多分2時間くらい書いたw

どんだけ書くことあるんだよっていうw

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
【2016年】今年もありがとうございました!m(_ _)m
category: 徒然日記 | author: れっちょ

 

ブログではおひさしぶりです!

れっちょです。

 

そして、今年も今日で終わり…今年もお世話になりました。

昨日は冬コミ遠征に行ってきたのですが、来てくださった皆様、大変ありがとうございました!

この通り、実はセラフはご無沙汰してまして…正直最近のセラフは話が進まなすぎて、いい加減、月刊誌で追うのが辛くなって来まして…。

単行本でちょいちょい追おうかな、と。

 

そういえば、今日は13巻発売でしたね。

暮人可愛い病にかかっているので、今回の表紙も童顔なとこにキュン死してます(笑)

暮人は基本かっこいいキャラだと思うし、普通に攻め様だと思うんですけど、グレンの前ではお茶目心出しちゃったり甘えてるとこ見る度、『おまえ、グレン好きすぎだろ!』と突っ込みを入れてしまいますねえ…

柊家はみんなグレンの嫁で良いと思います。

深夜と暮人は、正妻争いで常に視線バチバチさせていて欲しいと思うし、でもグレンは包容力のある男なので、どっちもちゃんと責任取れるとこ最高じゃないですかね??

多分グレンなら二人共幸せにしてくれると思いますので、気長に先を待ちたいと思います。

 

で、で、最近、セラフにいるのが(日々マイナーですし)辛いなぁと思っていたので

なんとか別作品にハマれないかといろいろ漁っていたところ…

まーた誰もやっていないような作品にドボンしちゃいましたよ…!

その名も、

BLソシャゲ『悪魔教師』!!(爆)生徒をエロ調教させて更正させるお話し!!!

やってないそこの君!やろうぜ!!(笑)えろいよ!!

https://www.elementree.co.jp/smartphone/smartphone02_02.php#akuma

 

しかしもう時代遅れもいいとこ!イベントも全部復刻だし、去年なぜハマれなかったのか!!

(私のスマホが対応してなかった)

漸く最近、スマホを替えまして、やれることを楽しみにしてたんですよ!

そしたらまんまとハマりましたわ、、、

まず攻め様主人公のゲームが貴重すぎて!!

日々、攻め様に感情移入してる私としては、受け主人公より攻め主人公のほうが楽しくて!

しかも、攻略対象の子どもたちが、もーーほんとに可愛いんですよ!!!

いろんな受けちゃんが楽しめます!!

キャンキャン噛み付く犬型不良とか、大人しめ初心ちゃんとか、えんこーしまくりなマセてる高校生とか、もう全員!

しかもくっっっそ絵が好み!

ハマらないわけがなかった…。

ちな、攻め様も、一昔前に流行った揉み上げロングキャラで(笑)

BBAな私はモロにツボ❤

ぼったくりレベルの課金ゲーなんですが、はい、課金しまくった…

エロのレベルが高すぎなんだぜ…

ワンプレイに、最低玩具2個使うんだぜ…

はぁはぁ…

 

とはいえ、こんだけエロあれば、二次書きたい欲求はないんですけどね!

 

来年こそは、セラフと悪魔教師沼でばちゃばちゃしつつ、お絵かき練習したい…

頑張ります…

 

あとはFF15をやらなきゃ行けないし、2月にはニーア出るし、忙しすぎて目が回りそう!!ほんと頑張るしか…!

 

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませね!

私は、31、1、2と仕事です♪😢

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 2017年11月発売主人公総攻BLゲーム『復讐帝國』攻略
    れっちょ (12/20)
  • 2017年11月発売主人公総攻BLゲーム『復讐帝國』攻略
    まこ (12/20)
  • 2017年11月発売主人公総攻BLゲーム『復讐帝國』攻略
    れっちょ (12/17)
  • 2017年11月発売主人公総攻BLゲーム『復讐帝國』攻略
    liyen (12/16)
  • 2017年11月発売主人公総攻BLゲーム『復讐帝國』攻略
    ありあ (12/08)
  • 2017年11月発売主人公総攻BLゲーム『復讐帝國』攻略
    ちな (12/02)
  • 小説「DEATH NOTE ANOTHER NOTE ロサンゼルスBB事件」感想!!
    金欲 銀造 (09/05)
  • 胃痛に悩まされ・・・初体験!
    おまつ (09/04)
  • 【FFアギト】超難関イスカ地方4-4クリア。※ただし
    れっちょ (06/03)
  • 【FFアギト】超難関イスカ地方4-4クリア。※ただし
    あにゃ (05/29)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH